スポンサーサイト

2019.12.31 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    年間ベストディスク50【2019】

    2019.12.31 Tuesday

    0

      JUGEMテーマ:音楽

       

       わざわざブログで上げてるのに内容が薄いことに定評がある年間ベスト、懲りずに今年もやりました。

       今年は毎月聴いた新譜をプレイリストにまとめてAppleMusicに上げたり、そこから特に気に入ったのをピックアップして管理してたんで選定はだいぶ楽だったんですが、暮れの仕事が忙しすぎて結局まとめ終わったのは最終日ギリギリといつも通り…

       今年も簡素な作りですが、並べたアルバムは本当に素晴らしいアルバムばかりなので、少しでも興味を持って聴いていただけたら幸いです。

       

       

       

       

       

       

       





      50.工工工-[幽靈節奏]


      https://music.apple.com/jp/album/phantom-rhythm-%E5%B9%BD%E9%9D%88%E7%AF%80%E5%A5%8F/1469239991

       

       

       


      49.Mauricio Tagliari-[Maô: Contraponto e Fuga da Realidade]

       


      https://music.apple.com/jp/album/ma%C3%B4-contraponto-e-fuga-da-realidade/1460679256




      48.machìna-[Archipelago]

       


      https://music.apple.com/jp/album/archipelago/1476042994




      47.Oh Sees-[Face Stabber]



      https://music.apple.com/jp/album/face-stabber/1470095674




      46.Makeunder-[Pale Cicada]



      https://music.apple.com/jp/album/pale-cicada/1462092751




      45.Salami Rose Joe Louis-[Zdenka 2080]



      https://music.apple.com/jp/album/zdenka-2080/1469654121




      44.Portico Quartet-[Memory Streams]


      https://music.apple.com/jp/album/memory-streams/1472062404




      43.Gallant-[Sweet Insomnia]



      https://music.apple.com/jp/album/sweet-insomnia/1482671522




      42.Wand-[Laughing Matter]



      https://music.apple.com/jp/album/laughing-matter/1447713957




      41.Alon Mor-[Lands of Delight]



      https://music.apple.com/jp/album/lands-of-delight/1484291092




      40.Juliana Perdigão-[Folhuda]



      https://music.apple.com/jp/album/folhuda/1447277219




      39.Chris Potter-[Circuits]



      https://music.apple.com/jp/album/circuits-feat-james-francies-eric-harland/1444328253




      38.Así-[Mínimas]



      https://music.apple.com/jp/album/m%C3%ADnimas/1472786454




      37.GoldLink-[Diaspora]



      https://music.apple.com/jp/album/diaspora/1467410161




      36.(Sandy) Alex G-[House of Sugar]

       


      https://music.apple.com/jp/album/house-of-sugar/1463899362





      35.Brad Mehldau-[Finding Gabriel]

       


      https://music.apple.com/jp/album/finding-gabriel/1457751910

       




      34.Raury-[Fervent]



      https://music.apple.com/jp/album/fervent/1481679425




      33.ROTH BART BARON-[けものたちの名前]



      https://music.apple.com/jp/album/the-name-of-the-beasts/1484897990




      32.slowthai-[Nothing Great About Britain]



      https://music.apple.com/jp/album/nothing-great-about-britain/1462369233




      31.Los Piranas-[Historia natural]



      https://music.apple.com/jp/album/historia-natural/1474987658




      30.Christopher Tignor-[A Light Below]



      https://music.apple.com/jp/album/a-light-below/1474153569




      29.Fat-Suit-[Waifs & Strays]



      https://music.apple.com/jp/album/waifs-strays/1479402486




      28.The Funky Knuckles-[Delicious]



      https://music.apple.com/jp/album/delicious/1477606397




      27.Little Simz-[GREY Area]



      https://music.apple.com/jp/album/grey-area/1449679926




      26.Ekiti Sound-[Abeg No Vex]

       


      https://music.apple.com/jp/album/abeg-no-vex/1454690063




      25.XXX-[SECOND LANGUAGE]

       


      https://music.apple.com/jp/album/second-language/1452526005




      24.Grulla-[Océano]

       


      https://music.apple.com/jp/album/oc%C3%A9ano/1458077974




      23.Jenny Hval-[The Practice of Love]



      https://music.apple.com/jp/album/the-practice-of-love/1468366932




      22.Joel Ross-[KingMaker]



      https://music.apple.com/jp/album/kingmaker/1456437395




      21.Maria Chiara Argirò-[Hidden Seas]



      https://music.apple.com/jp/album/hidden-seas/1475243981




      20.Lapalux-[Amnioverse]

       


      https://music.apple.com/jp/album/amnioverse/1480355473




      19.高瀬 アキ-[Aki Takase Japanic: Thema Prima]



      https://music.apple.com/jp/album/aki-takase-japanic-thema-prima/1450943297




      18.TOOL-[Fear Inoculum]



      https://music.apple.com/jp/album/fear-inoculum/1475686696




      17.Ifriqiyya Electrique-[Laylet El Booree]



      https://music.apple.com/jp/album/laylet-el-booree/1450797962




      16.EARTHGANG-[Mirrorland]



      https://music.apple.com/jp/album/mirrorland/1478445586




      15.長谷川白紙-[エアにに]



      https://music.apple.com/jp/album/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%81%AB%E3%81%AB/1485350147




      14.Anton Eger-[Æ]



      https://music.apple.com/jp/album/%C3%A6-feat-robin-mullarkey-matt-calvert-dan-nicholls-petter/1444355725




      13.Lafawndah-[Ancestor Boy]



      https://music.apple.com/jp/album/ancestor-boy/1447362904




      12.Steve Haines and the Third Floor Orchestra-[Steve Haines and the Third Floor Orchestra]



      https://music.apple.com/jp/album/steve-haines-third-floor-orchestra-feat-becca-stevens/1456744543




      11.The Comet Is Coming-[Trust In The Lifeforce Of The Deep Mystery]



      https://music.apple.com/jp/album/trust-in-the-lifeforce-of-the-deep-mystery/1449207816




      10.Sequoyah Murray-[Before You Begin]



      https://music.apple.com/jp/album/before-you-begin/1489722719




      9.FKA twigs-[MAGDALENE]



      https://music.apple.com/jp/album/magdalene/1477652618




      8.JPEGMAFIA-[All My Heroes Are Cornballs]



      https://music.apple.com/jp/album/all-my-heroes-are-cornballs/1478336484




      7.Daymé Arocena-[Sonocardiogram]



      https://music.apple.com/jp/album/sonocardiogram/1472701305




      6.Nubiyan Twist-[Jungle Run]



      https://music.apple.com/jp/album/jungle-run/1441781465




      5.Holly Herndon-[PROTO]



      https://music.apple.com/jp/album/proto/1454113472




      4.clipping.-[There Existed an Addiction to Blood]



      https://music.apple.com/jp/album/there-existed-an-addiction-to-blood/1473856273




      3.Aaron Abernathy-[Epilogue]



      https://music.apple.com/jp/album/epilogue/1448168442




      2.Floating Points-[Crush]



      https://music.apple.com/jp/album/crush/1475361295




      1.Christian Scott-[Ancestral Recall]

       

      https://music.apple.com/jp/album/ancestral-recall/1450573373

       

       

       

       

       今年も主にツイッターでたくさん音楽を教えてもらえました。

       みんななんでそんな詳しいの?って人ばかりで感謝することしかできないんですが、お陰様でこれだけ素晴らしい作品に出会えました。

       来年もどうかよろしくお願いします。

       それでは皆さん良いお年を!

      年間ベストディスク50【2018】

      2018.12.30 Sunday

      0

        JUGEMテーマ:音楽

         今年も作りました年ベス50。

         これとライブ参加のスケジュール以外に全く使えていないこのブログ、完全にメモ帳と化してますね。

         今年も各アルバムの感想等も載せられずただ並べるだけで簡素な作りですが、各アルバムの項にAppleMusicのリンクを載せておいたので、興味を持っていただけたらぜひ聴いてもらえると幸いです。

         

         





        50.Kelly Khumalo-[Unleashed]



        https://itunes.apple.com/jp/album/unleashed/1438754391



        49.ADULT.-[This Behavior]


        https://itunes.apple.com/jp/album/this-behavior/1397949698




        48.Soul Cannon-[Soul Cannon]



        https://itunes.apple.com/jp/album/soul-cannon/1438965073




        47.haruru犬love dog天使-[lost lost dust dream]



        https://itunes.apple.com/jp/album/lost-lost-dust-dream/1439029287




        46.Anderson .Paak-[Oxnard]



        https://itunes.apple.com/jp/album/oxnard/1439982774




        45.East Man-[Red, White & Zero]



        https://itunes.apple.com/jp/album/red-white-zero/1306032582




        44.Maisha-[There Is A Place]



        https://itunes.apple.com/jp/album/there-is-a-place/1436144767




        43.Wiley-[Godfather II]



        https://itunes.apple.com/jp/album/godfather-ii/1374294985




        42.Kamaal Williams-[The Return]



        https://itunes.apple.com/jp/album/the-return/1361579368




        41.Dorian Concept-[The Nature of Imitation]



        https://itunes.apple.com/jp/album/the-nature-of-imitation/1398427708




        40.Ibrahim Maalouf-[Levantine Symphony No. 1]



        https://itunes.apple.com/jp/album/levantine-symphony-no-1/1413356441




        39.Punch Brothers-[All Ashore]



        https://itunes.apple.com/jp/album/all-ashore/1395288699




        38.Roller Trio-[New Devices]



        https://itunes.apple.com/jp/album/new-devices/1378006945




        37.羊文学-[若者たちへ]



        https://itunes.apple.com/jp/album/dear-youths/1406803664




        36.James Francies-[Flight]


        https://itunes.apple.com/jp/album/flight/1434109899





        35.In Tall Buildings-[Akinetic]


        https://itunes.apple.com/jp/album/akinetic/1327934233




        34.Cosmo Sheldrake-[The Much Much How How and I]



        https://itunes.apple.com/jp/album/the-much-much-how-how-and-i/1301849668




        33.Chancha Via Circuito-[Bienaventuranza]



        https://itunes.apple.com/jp/album/bienaventuranza/1367336775




        32.George Clanton-[Slide]



        https://itunes.apple.com/jp/album/slide/1419832725




        31.Antonio Loureiro-[Livre]



        https://itunes.apple.com/jp/album/livre/1435252553




        30.Ganavya-[Aikyam: Onnu]



        https://itunes.apple.com/jp/album/aikyam-onnu/1378651327




        29.Ed Motta-[Criterion Of The Senses]



        https://itunes.apple.com/jp/album/criterion-of-the-senses/1434839872




        28.Blood Orange-[Negro Swan]



        https://itunes.apple.com/jp/album/negro-swan/1417016711




        27.Louis Cole-[Time]



        https://itunes.apple.com/jp/album/time/1403623272




        26.A.A.L-[2012 - 2017]


        https://itunes.apple.com/jp/album/2012-2017/1345456809





        25.Logic-[YSIV]


        https://itunes.apple.com/jp/album/ysiv/1437034675





        24.Natalie Prass-[The Future and the Past]


        https://itunes.apple.com/jp/album/the-future-and-the-past/1348667884





        23.Hop Along-[Bark Your Head Off, Dog]



        https://itunes.apple.com/jp/album/bark-your-head-off-dog/1334804729




        22.Makeness-[Loud Patterns]



        https://itunes.apple.com/jp/album/loud-patterns/1348224499




        21.Porches-[The House]



        https://itunes.apple.com/jp/album/the-house/1296118190




        20.George FitzGerald-[All That Must Be]


        https://itunes.apple.com/jp/album/all-that-must-be/1331332695





        19.Julia Branco-[Soltar os Cavalos]



        https://itunes.apple.com/jp/album/soltar-os-cavalos/1413925912




        18.三浦大知-[球体]



        https://itunes.apple.com/jp/album/%E7%90%83%E4%BD%93/1404215964




        17.Tangents-[New Bodies]



        https://itunes.apple.com/jp/album/new-bodies/1359360874




        16.Vessel-[Queen of Golden Dogs]



        https://itunes.apple.com/jp/album/queen-of-golden-dogs/1435961972




        15.中村佳穂-[AINOU]



        https://itunes.apple.com/jp/album/ainou/1439029178




        14.Janelle Monáe-[Dirty Computer]



        https://itunes.apple.com/jp/album/dirty-computer/1350021308




        13.Smino-[NOIR]



        https://itunes.apple.com/jp/album/noir/1441333559




        12.Tune-Yards-[I can feel you creep into my private life]



        https://itunes.apple.com/jp/album/i-can-feel-you-creep-into-my-private-life/1293278309




        11.Floex & Tom Hodge-[A Portrait of John Doe]



        https://itunes.apple.com/jp/album/a-portrait-of-john-doe-feat-prague-radio-symphony-orchestra/1365019328




        10.Manu Delago-[Parasol Peak]



        https://itunes.apple.com/jp/album/parasol-peak-live-in-the-alps/1393900747




        9.Angélique Kidjo-[Remain in Light]



        https://itunes.apple.com/jp/album/remain-in-light/1382842611




        8.Lonnie Holley-[MITH]



        https://itunes.apple.com/jp/album/mith/1410676072




        7.BROCKHAMPTON-[iridescence]



        https://itunes.apple.com/jp/album/iridescence/1436535889




        6.Oracle Hysterical-[Hecuba]



        https://itunes.apple.com/jp/album/hecuba/1362235103




        5.Starchild & The New Romantic-[Language]



        https://itunes.apple.com/jp/album/language/1346968812




        4.Jacob Collier-[Djesse (Vol. 1)]



        https://itunes.apple.com/jp/album/djesse-vol-1/1440143778




        3.Jon Hopkins-[Singularity]



        https://itunes.apple.com/jp/album/singularity/1351111846




        2.Kamasi Washington-[Heaven and Earth]



        https://itunes.apple.com/jp/album/heaven-and-earth/1363033047




        1.Young Fathers-[Cocoa Sugar]

        https://itunes.apple.com/jp/album/cocoa-sugar/1328795433

         最後にこの場を借りて、今年もたくさんの素晴らしい音楽を教えていただいたツイッターの方々に感謝を。

         今年も大変お世話になりましてありがとうございました。

         不精でリプライはできてませんが、皆さんのツイートをいつも楽しみにしてます。

         来年もどんな音楽と出会えるか楽しみでなりません。

         それでは皆さん良いお年を!

        年間ベストディスク50【2017】

        2017.12.29 Friday

        0

           

           以前ブログを更新した日がほぼ半年前であることに愕然としながら今年もまとめました。

           根気の無い自分には、やはりブログの管理は難しいようで・・・

           定期的に書いている人はすごいなぁ

           今年もただ並べただけの簡素なまとめですが、語彙力皆無の自分が50枚も解説書いてると、大方が「すごい」とか「素晴らしい」とかの言葉が並ぶ貧相過ぎる内容になってしまうのでご容赦ください

           1年で10枚くらいに絞りきる決断力も欲しい・・・

           

           

           





          50.Deerhoof-[Mountain Moves]







          49.King Gizzard & The Lizard Wizard-[Flying Microtonal Banana]

           







          48.Reginald Omas Mamode IV-[Children of Nu]








          47.Clap! Clap!-[A Thousand Skies]








          46.Tuxedo-[Tuxedo II]








          45.Los Campesinos!-[Sick Scenes]








          44.電気グルーヴ-[TROPICAL LOVE]








          43.Cashmere Cat-[9]








          42.Gorillaz-[Humanz]








          41.Father John Misty-[Pure Comedy]








          40.N.E.R.D-[NO ONE EVER REALLY DIES]








          39.Shackleton & Vengeance Tenfold-[SFERIC GHOST TRANSMITS]


          iPhoneImage.png





          38.Laetitia Sadier-[Find Me Finding You]








          37.Hauschka-[What If]








          36.Diggs Duke-[CIVIL CIRCUS]

           








          35.Daphni-[Joli Mai]

           



           




          34.Perfume Genius-[No Shape]








          33.Broken Social Scene-[Hug of Thunder]








          32.Sly5thAve-[The Invisible Man: An Orchestral Tribute To Dr. Dre]








          31.Jlin-[Black Origami]








          30.Makaya McCraven-[Highly Rare]








          29.Carl Craig-[Versus]








          28.土岐麻子-[PINK]








          27.Christian Scott aTunde Adjuah-[Ruler Rebel]








          26.Nai Palm-[Needle Paw]

           








          25.Ariel Pink-[Dedicated to Bobby Jameson]

           








          24.The Jet Age of Tomorrow-[God's Poop or Clouds?]

           








          23.GoldLink-[At What Cost]








          22.Jay Som-[Everybody Works]








          21.Reliq-[Life Prismic]








          20.The JuJu-[Exchange]

           








          19.Fabian Almazan & Rhizome-[Alcanza]








          18.Kurt Rosenwinkel-[Caipi]








          17.Residente-[Residente]








          16.Beck-[Colors]








          15.Oddisee-[The Iceberg]








          14.King Krule-[The OOZ]








          13.Mount Kimbie-[Love What Survives]








          12.Julie Byrne-[Not Even Happiness]








          11.Moonchild-[Voyager]








          10.Sampha-[Process]








          9.Stormzy-[Gang Signs & Prayer]








          8.Syd-[Fin]








          7.Vince Staples-[Big Fish Theory]








          6.Ásgeir-[Afterglow]








          5.The xx-[I See You]








          4.Kendrick Lamar-[DAMN.]








          3.Juana Molina-[Halo]








          2.Thundercat-[Drunk]








          1.Dirty Projectors-[Dirty Projectors]

           

           

           

           ということで今年の個人的ベストアルバムはDirty Projectorsの「Dirty Projectors」でした

           否定的な意見も多い作品ですが、自分は断然支持します

           このアルバムは全編に渡り、バンドに1人残されたデイヴ・ロングストレスの喪失感に満たされた作品です。

           曲の歌詞を見ると、脱退した元パートナーのアンバー・コフマンやエンジェル・デラドゥーリアンのことと思われる詞が散見されますし、このアルバムのジャケと過去作「Bitte Orca」のジャケを見比べると、今作のジャケが彼女たちの喪失に焦点を当てたものであることは明白だと思います。

           このアルバムには、失った彼女たちへの未練や、未だに彼女たちとの思い出に縋って動き出せない情けなさという、絶望的なまでの女々しさが満載です

           とても器の小さい、どうしようもなく内側に向いてしまっている1人の男の未熟な人間性がさらけ出されていますが、だからこそこの作品には、等身大の人間が見事に表現されていると感じます

           1つの喪失で世界が終わったような気になってウジウジと思い悩む、どこにでもいる人間のためにこの作品が生まれたような気がしてならないんです

           この作品に強く惹かれる時点で、自分もそのどうしようもない人間の1人なのでしょう

           そんな、情けない自分のことを歌った作品だからこそ、僕はこの先が見たい

           立ち止まったデイヴは一体どこへ行くのか、その先を見届けたいという意思を以て、僕はこの作品を年間ベストに挙げます

           

           

           

           今年僕が聴いたアルバムを数えてみると、年間でちょうど690枚でした

           自分が聴く音楽はほとんどツイッター等で人から教えていただいたものばかりで、情弱な自分では多分この内の100枚にも出会えなかったと思いますし、いつも本当に感謝しています

           すばらしい音楽を教えていただいている方々にはどれだけ感謝をしてもし足りないので、もしこのまとめがその人たちの娯楽の一つとなるなら、これほど嬉しいことはありません

           来年も引き続きお世話になると思いますが、どうかご容赦ください

           それでは皆さん良いお年を!

          フジロック3日目の予定

          2017.07.08 Saturday

          0

            フジの3日目は毎回楽しさの中にどこか寂しさとか、翌日以降の仕事に思考が向いてしまって複雑な気分になる方もみえるんじゃないでしょうか?

            そうでなくても初日もしくは前夜祭から参加してる方は全身疲労と筋肉痛に苛まれ、ステージ間の移動が億劫になったり、イスに座るといつの間にか寝てしまってたりするフジロックあるある

            自分も昨年はそれで大いに予定を狂わされました

            今年は予定通りに回れることを祈りつつ3日目の予定まとめです

             

            http://www.fujirockfestival.com/artist/timetable/tt30.asp

             

             

            14:00〜14:50 MAGGIE ROGERS(赤)

            今年EPを出したばかり、未だ発売されていないアルバムが待たれる期待の新人MAGGIE ROGERS

            発表された際はLORDEBJÖRKの流れの中に組み込まれるかもと思いましたがレッドに落ち着きましたね

            彼女や去年のLåpsley、今年トリ前を飾るLORDEも、まだ20代前半というのが信じられない貫禄というか、凄みを持ってますよね

            と言うか今挙げた中だとMAGGIE ROGERSが1番年上という現実怖い(LåpsleyLORDEは確か同い年で今ハタチだったはず)

            EPの曲の中で自分が1番好きなのが「Dog Years」って曲なんですけど、フジで聴いたら絶対気持ちいいだろうなぁ

            EPそのものの評判も上々だし、この注目度からすると、彼女を次に見るときはレッドじゃちょっと無理かもしれませんね

             

            14:50〜15:50 JET(緑)

            完全に懐古枠(笑)

            彼らがデビューした当時、僕の情報源はロキノンとMTVしか無くて、ガレージ・ロックリバイバルと呼ばれたブームの影響で毎日毎日飽きもせずストロークスやリバティーンズ、ホワイトストライプスをウォークマンで聴きながら学校に通って、同級生がレミオロメンとかバンプとか聴いてるのを横目に鼻で笑ってる、今思い返すと非常に痛々しいクソガキだったんですが、そんな同級生達と数少ない共通の話題として挙がったのが彼らのデビューAL「GET BORN」の話題でして、やっぱりテレビの力ってすごいなぁと当時も実感したものです

            iPodのCMで使われたり、芸人がエアギターするのに使ったりした影響で「ARE YOU GONNA BE MY GIRL」ばかり取り沙汰された上、一発屋の代名詞みたいな扱いを受けてる彼らですが、アルバムを通して聴くとソングライティング能力の高さに気付くはず

            個人的には2ndもすごくいいアルバムだったと思うし、当時は名古屋にも来てくれたのでツアーにも行きましたが、終始エンターテイメントを貫いていてすごく楽しいライブだった

            今はもうさすがに聴くことはほとんど無くなってしまったけど、久しぶりに学生時代の自分を振り返りながらライブを見るのも乙なもんかなと思い、結構楽しみにしてます

             

            15:50〜16:50 SLOWDIVE(赤)

            先日リリースされたアルバムが大好評のSLOWDIVE、再び苗場へ

            前回フジで来日した際はフジ自体に行けず、再来日の際は絶対行くと決めてたので今回来てくれてほっとしました

            ツイッターや各メディアの上半期ベストにガシガシ食い込んできてる彼らの新譜ですが、個人的には良作止まりというか、今一つハマれてない感があるんですよね

            シューゲイズバンドは音源を聴くのとライブで見るのとでは印象が全然違うことも多々あるので、その点で化けることを期待

            もちろん過去の名曲も期待してますよ!

             

            17:40〜18:40 BONOBO(白)

            3日目の個人的目玉

            グリーンでやってるYUKIをチラ見しつつホワイトへ移動

            来日自体も少ないBONOBOですが、ついにライブセットで苗場初お目見え

            彼のライブ盤は何度聴いたことか・・・

            つべには数多くの動画が上がってますがようやく目の前でこれを見れるんですね・・・

             

            最高さしかない

             

            夕暮れのホワイトでこんなのやられたら失禁ものですね

            これを見るまでは死ねない・・・

             

            18:50〜20:00? LORDE(緑)

            正直ここは未だに迷っているところです

            この後に控えるÁSGEIRTHUNDERCATの昇天フルコースに全力を注ぐべきか、前回のフジ来日を見逃した雪辱を果たすべきか・・・

            当日ギリギリまでこの悩みは消えない気がしますね

            どちらにしろ、ÁSGEIRとちょい被りしてる以上フルで見るのはないかな

            BONOBO終わりからも微妙に遅刻しそうだし・・・

            ただ、彼女の新譜「Melodrama」はめちゃくちゃいいですよ!

            単独やって欲しいなぁ名古屋には来ないだろうけど・・・

             

            19:50〜20:50 ÁSGEIR(白)

            3日目の個人的目玉

            正直ここがトリでも全然いいと思いますがそれだとTHUNDERCATに行けなくなるのでこの並びが最高

            遅刻しないようアヴァロン方面に行く通路付近で見たいと思います

            ぶっちゃけると新譜を聴くまではそんなに注目してなかったのが正直なところ

            先日リリースされた新譜「Afterglow」これがもう大傑作

            昨年のBon Iverの新譜に近い感触だけど、どちらかというとこっちのが好きかも

            こんな新譜出されたらもうライブ見る以外選択肢はない

            日が落ちた山の中で聴くの絶対最高だろうし凄いライブになる予感しかない

             

            21:00〜22:30 THUNDERCAT(天)

            3日目の個人的目玉 

            ÁSGEIR終わりから10分前後しかないのでここはダッシュ

            フジのヘヴンでTHUNDERCATを見れるって、去年のKamasi Washington並みの贅沢というか、彼が好きでフジも行く層の人たちにとって最高のシチュエーションじゃないでしょうか

            今年名古屋にも来てくれた彼のライブはもう宇宙までぶっ飛ばされるほど良かったし、今年見たライブの中で間違いなくベスト3に食い込んでくるほどのものでした

            自分は今までBJÖRKを見たことが無かったので、発表された当初はいよいよ見てみるかという気になっていたのですが、彼が最終日にラインナップされた時点でもうバイバイ

            リズムの化身みたいな彼のライブの魅力には逆らえません

            間違いなく今年の最終日各ステージのトリの中でも最高のライブをしてくれるはずです

             

            22:30?〜23:30 MAJOR LAZER(白)

            EDMはそんなに熱心に聴いてこなかったので彼らのこともそこまで知らないんですが、お祭りの終りはやっぱりバカ騒ぎで〆たいですよね

            G&Gミラー楽団もいいですが、彼らこそクロージングにふさわしかったんじゃないでしょうか

            海外での評価を見るとセカンドステージのトリでよく出てくれたなぁと思ったもんです

            THUNDERCAT終わりで絶対に通る関係上、そのまま巻き込まれて騒いで来ようと思います(笑)

            体力が残っていれば・・・

             

            24:00〜25:00 GOLDROOM(赤)

            曲の端々にフレンチエレクトロの匂いを感じさせるアメリカ出身のDJ

            今回のフジが初来日だそうで

            去年リリースしたALを聴くと、ウルトラとかに出そうな印象でしたがフジの深夜に決まりましたね

            最終日のこの時間はオアシス〜レッドが異常にごった返すこともあり、見るかどうかは正直流動的

            予定としては次のTROYBOIまでは頑張りたい

             

            25:00〜26:00 TROYBOI(赤)

            決まったときはTORO Y MOIと空目してにわかに盛り上がったのは僕だけじゃないはず

            というかTORO Y MOIは去年のフジの時点で個人的に再来日(1月の単独最高でした)を予想してたんですがありませんでしたね・・・

            新譜も出たことだしそろそろまた来日待ってます

            トラップはあまりなじみのないジャンルですが、つべで動画を見るとかなりかっこいい

            体力を振り絞って最後に踊りたいところですが・・・今まで最終日のこの時間まで残ってた実績皆無なのでお察し

            まぁ目標は高く設定する方がいいよねということで(笑)

             

             

             

            ここまで予定を立てておいてあれですが、先日上司から31日(月)の勤務を打診されまして、それが通ってしまえば正直最終日の参加は厳しいものになりそうです

            一度は休暇の申請を通しているのにそれを無視しての打診なのでこちらもなんとか粘っていますが、ぶっちゃけ仕事の特性上よくある話なので旗色は悪い感じです

            今年はどうしても見逃せないアクトが各日ひしめいている素晴らしいラインナップなので、なんとか全日参加をしたいところですね

             

             

             

             

             

            フジロック2日目の予定

            2017.07.02 Sunday

            0

              JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL

              昨日に引き続き、今年のフジロック2日目の予定についてまとめていきたいと思います

              年々フジロック開催中の活動時間が短くなってきているのを痛感してますが、今年は特にひどく2日目以降は全て14時以降に会場入りという体たらく・・・

              朝風呂入りに行ってそのまま昼過ぎまで寝るのが気持ち良すぎてやめられないんですよね

              ジムでも通うか・・・

               

              http://www.fujirockfestival.com/artist/timetable/tt29.asp

               

               

              ・7/29(土)

              14:50〜15:50 Cocco(緑)

              熱心なファンでもないんで、「樹海の糸」とか「カウントダウン」とか有名な曲しか知らないんですが、フジで出るなら見たいなぁ、ベスト盤出るし出ないかなぁと思ってたところで決定してこれは見るしかないなと

              絶対彼女の声は苗場の雰囲気に合うと思うんですよね

              ベスト盤後のライブなんで、上の2つ以外にも「音速パンチ」とか「ジュゴンの見える丘」も期待してます

               

              16:50〜17:50 THE AVALANCHES(緑)

              2日目の個人的目玉

              昨年再結成&16年ぶりの新作「Wildflower」をリリースし、ベストなタイミングでのフジ出演も決定していながら、直前でキャンセルになってしまったTHE AVALANCHES、満を持して今年のグリーンに登場です

              まぁ去年あのまま出演していたらレッドマーキーだったんで、どう考えてもキャパ見合わないステージでもみくちゃになってただろうし、改めて今年グリーンに配置されて良かったかなと

              2000年にリリースされた「Since I Left You」は素晴らしい名作ですが、去年リリースした新譜も負けてません

              当日は20年近く彼らを待ち続けた生粋の音楽大好きおじさん&おばさんがグリーンに集結して絶対盛り上がるだろうなぁ

               

              18:10〜19:10 DEATH GRIPS(白)

              今年の変態枠その2

              2013年に深夜のレッドに出演したときは全くその存在を認知しておらず、オアシスで海老油そば食べてた無能なので今回は見逃し厳禁

              後で見た人の感想を聴くと、揃いも揃ってその年のベストアクトに挙げてるので気になって音源聴いて完全にKOされました

              何気に何度も解散とか活動休止とか行ってる割には毎年コンスタントに新譜を届けてくれるやめるやめる詐欺勢

              彼らの変態具合はMVとかジャケとか見ると一目瞭然なので気になる方はつべにアルバムがフルで上がってるのでぜひ

              これとか

              これとか

              個人的には「The Money Store」が聴きやすい上手っ取り早く彼らのかっこよさを理解できるのでおススメ

              これをオザケンの前に持ってくるのってオザケン待ちのファンにとって嫌がらせ以外の何者でもないよなぁ(笑)

               

              19:30?〜20:00 CORNELIUS(緑)

              先日新譜「Mellow Waves」をリリースしたばかりのCORNELIUSが苗場に帰還!

              ・・・と言っても個人的なスケジュール上前のデスグリからここに移動するまでにオザケン目当てのファンのホワイト流入行列に逆流する形で向かわなければいけないので、到着が遅くなることが目に見えている上、10月の単独チケを既に確保してしまってるため、そこまで重要視してないというのが正直なところ

              ただ、グリーンのロケーションで「Star Fruits Surf Rider」とか聴いた日にゃ悶死確実

              後は小山田の歌が結構不安定なことが多い印象なんで、当日の彼のコンディション次第というところですね

               

              21:00〜23:00 APHEX TWIN(緑)

              2日目の個人的目玉△砲靴萄Gのフジロック最凶の変態

              遂に実現してしまったAPHEX TWINのグリーントリ

              欧米ならともかく日本で彼をメインステージのトリで見れる日が来るとは思いませんでした

              だって全然大衆向きじゃないし見てて盛り上がるっていうよりはノイズに近い音延々出して周りポカーンさせるしとりあえずVJグロいし

              そんなところが大好きなAPHEX TWINですが実は初見ではなく、8年前のサマーソニック09のソニックステージのトリで出演しておりまして、当時まだハタチそこそこの自分もその場に立ち会うことができました

              彼の前には活動休止直前のNine Inch Nailsを土砂降りの中マリンで見ておりまして、体中ぐしゃぐしゃに濡れた状態でメッセに帰り、冷房と濡れた服でガタガタに震えていたため、無理やり踊って温まろうという魂胆だったんですが、開始10分ほどでリチャードの顔を張り付けた芋虫がぐるぐる回る映像を見ながら呆然としてた思い出があります

              余談ですが、この年のサマソニは、マウンテンとソニックの間に建物間の通路を区切って作ったダンスステージという小さなステージがあって、そこにまだ日本では全然無名だったSolangeが3番手くらいで出てたりと今考えたらかなり豪華なメンツが揃ってました

              そんな彼が次は苗場に集まった観客たちをどんな演出で絶望に叩き落してくれるのかと思うと、今から楽しみでしょうがないですね

               

              22:50?〜23:50 LCD SOUNDSYSTEM(白)

              2日目の個人的目玉

              彼が発表されてから予想していたとおり、こことAPHEXの被りが今回のフジで1番キツい被りになりましたね

              ただ、丸被りではなくAPHEX終わりからダッシュしておおよそ1時間くらいはLCDを見れるタイムテーブルを組んでくれたおかげで、この被りを心配していた音楽好きの人たちも若干の溜飲は下がったんじゃないでしょうか?

              皆さん当日は頑張って走りましょうね(笑)

              活動休止前の2010年のフジ最終日にも出演(同日にAtmos for Peace)していた彼ですが、当時2日目の夜に会社から呼び出されて強制帰還させられるという最悪な形で見逃している身としては残り1時間だろうが30分だろうが今回は意地でも見逃せない

              今年リリースされる新譜も楽しみですね

               

              24:00〜25:30 A GUY CALLED GERALD(赤)

              2日目の個人的目玉

              現在におけるドラムンベースの基盤を作った生きる伝説A GUY CALLED GERALDがまさかのフジ出演!

              しかもライブセット!最高!

              Voodoo Ray」大好きな自分としてはここも見逃せない1枠ですね

              APHEX→LCD→AGCGで見れるってここは本当に日本なのか

              ここで見ておかないと次見れるのはいつになることやら・・・

               

              25:30〜27:30 NINA KRAVIZ(赤)

              シベリアからやってきた女性DJ、あまり聴いたことなかったんですが、先日Dommuneでプレイしている動画を後追いで見かけてこれがかなりかっこいい!

              深夜のフジにピッタリな音だと思います

              ただ結構長い上に1番辛くなる時間帯にプレイするので、正直フルで見れるかどうかは当日の残体力と要相談ですね

               

               

              正直に言うと、この日は最近活動再開したMONDO GROSSOにも興味があったんですが、LCDとがっつり被っているので諦めました

              新譜良かったしツアー組んでくれないかな

              最終日の予定はまた次の機会で

               

               

               

              フジロックタイムテーブル発表! 初日の予定

              2017.07.01 Saturday

              0

                JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL

                いよいよ今年のフジロック開催まで残り1ヶ月を切り、昨日はタイムテーブルが発表されましたね

                 

                http://www.fujirockfestival.com/artist/timetable/tt28.asp

                 

                発表時点でゆっくり見ることができなかったのですが、ようやく手が空いたので今年の計画をまとめていきたいと思います

                 

                ・7/28(金)

                 

                11:20〜12:10 Doctor Prats(白)

                1発目はスペイン出身のこのバンド

                毎年初日はグリーンステージで「田舎へ行こう」を聴いてから目当てのステージに移動するのがルーティンになってたんですが、今年はホワイトの方が早めに始まる(グリーンが例年より遅い?)ので今年はあの曲を聴く機会が無さそう

                未聴ですが紹介文から察するに毎年恒例レーヴェン枠ですかね

                前夜祭にも出そうです

                 

                12:30〜13:20 DÉ DÉ MOUSE(赤)

                実は先日名古屋で単独があってチケットも取っていたのですが、すっかり忘れて知人と飲みに行ってしまったので見れなかったデデさんリベンジです

                フジには過去に何回も出ている彼ですが、毎回被りかそもそもフジ自体に行けてないかで見逃してる上、単独も結局行けずにライブ自体が初見

                見る機会は結構あったはずなのに不思議なもんです

                今年リリースした新譜「dream you up」が個人的にかなり気に入ってるので、ライブでどうなるのか非常に楽しみです

                 

                13:20〜14:20 RAG'N'BONE MAN(緑)

                今年デビューALをリリースした新人ですが、いきなりグリーンでとはかなり期待されてるんですかね

                その見た目とマルチプレイヤー的なスタイルから、去年のフジで個人的ベストアクトに選んだJack Garrattを彷彿とさせますが、新譜を聴くと、Jack Garrattと比べどちらかというとハードロック寄りというか、スタンダードな音を鳴らしてるなという印象

                ライブで曲がどう化けるのか見物ですね

                 

                14:20〜15:10 EDEN(赤)

                アイルランド出身のプロデューサー兼SSW

                ぶっちゃけ一切聴いたことないんですけど、紹介文から良さげな匂いが伝わってきたのでこのまま真っ白な状態で見たいなと思ってます

                フジではこういう今まで知らなかったアーティストを聴くのも醍醐味ですよね

                 

                15:20〜加山雄三登場まで ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA(緑)

                加山雄三だけ見たい(直球)

                特別ファンでもないんですが、何歌うのか気になるという野次馬根性的なあれです(笑)

                イスに座りながらゆったり酒を片手に見る予定

                 

                16:10〜17:10 GALLANT(赤)

                来ました今年のR&B枠大本命

                去年はFrank OceanBlood Orangeといったアーティストの新譜が話題になりましたが、それに比肩しうるAL「Ology」をリリースしたにも関わらずなぜかあまり日本で話題になってなかった気がするアーティスト

                まさかフジで見れるとは思ってなかったので決まったときは大歓喜でした

                初日の個人的目玉その

                 

                18:10〜19:20? FATHER JOHN MISTY(天)

                初日の個人的目玉その

                ステージ割発表の時点では、絶対THE XXど被りしてると予想してSMASHに悪態ついてましたが、蓋を開けてみるとちゃんと交互に配置されて両方見れる親切設計と分かり、この時点でSMASHを神認定する熱い手のひら返しをしたのは僕だけじゃないはず

                仮に被ってると、その後の予定的にヘブンにいるのはかなりきつかったので、恐らく彼を諦めなければいけなかったでしょう

                ただ、終了時間とTHE XXの開始時間が被ってるためどちらかはフルで見るのを諦めなきゃいけないのは確定

                正直当日の彼のライブの内容に左右される部分が多いので、途中抜けかフルで見るかはギリギリまで悩むと思う

                 

                19:20?〜20:30 THE XX(緑)

                初日の個人的目玉その

                彼らも今まで見る機会があったのになぜか見れてない枠の人達

                2013年のフジに出演したときには、僕が世界で1番好きなバンドであるThe Cureと丸被りするという悲劇に見舞われ、血涙流して諦めた思い出があります

                あのときのタイムテーブル、絶対Vampire WeekendTHE XXを逆にした方が色々丸く収まったと思うんだよな・・・

                今年にリリースされた新譜は賛否両論あるようですが、個人的には超絶気に入ってるというかむしろ過去最高じゃね?と思っている次第でして、そんなわけであの曲やこの曲がライブでどのようにアレンジされて昇華していくのか、今から興奮が止まないですね

                早く彼らのライブを体感したい・・・

                 

                20:30〜21:30 SAMPHA(赤)

                THE XX終了後即ダッシュでレッドへ

                去年はTHE XX単独のオープニングアクトとして来日してましたね

                去年はツイッターのTLで感想がバンバン流れてくるのを死んだ目で眺めることしかできませんでしたが、今年は自分が流す側になってフジロック行けない勢に対して積極的にトドメを刺していきたいと思います

                待望のソロデビューAL「Process」は今年の上半期個人的ベスト30にも選んだ傑作

                またSBTRKTとも共作して欲しいですね

                 

                21:30〜23:00 Gorillaz(緑)

                再びダッシュでグリーンにリターン

                正直どちらもレアすぎる来日なんで、ホワイトでやってるQUEENS OF THE STONE AGEと迷ったんですが、どんなライブをするか予想がつかない点と、先日出た新譜が最高に楽しかった点でこちらをチョイス

                過去の名曲もいいんですが、当日のライブでは新曲をバンバンやって欲しいと思うくらい「Humanz」からの曲が楽しみで仕方ない

                同日同ステージで演るRAG'N'BONE MANは当然出演するだろうし、あの豪華な客演をどこまで呼ぶのかも気になるところ

                初日の個人的目玉その

                 

                24:00〜25:30 ARCA DJ & JESSE KANDA AV(赤)

                去年のタイコにも出演したARCAJESSE KANDAの変態コンビ再び

                タイコではヤギの屠殺シーンとか巨デブの水泳シーンとかをVJで流して会場を呆然とさせてた2人ですが、今年はどんな音と映像で驚かせてくれるでしょうか

                翌日のAPHEXと並んでVJが非常に楽しみなアクトです

                 

                25:30〜27:00 EVIAN CHRIST(赤)

                全くの未聴枠その3

                大御所Warpの新人だそうですが、どんな音を鳴らしてくれるんでしょうか

                この辺りから体が辛いことになってるのは今の時点で目に見えてるんですが、この後我らがCLARKパイセンが控えているのでここで寝に戻るわけにもいかないのが辛いところ

                ぶっちゃけCLARKと時間交代して欲しいのは内緒

                 

                27:00〜28:15 CLARK(赤)

                初日の個人的目玉その

                一昨年のタイコで見て以来、ずっとフジで見たいと熱望してきたエレクトロの鬼CLARKが、新譜を引っ提げてド深夜の苗場に登場

                当日は彼を見たいがために体に鞭打って会場に居残ってるゾンビみたいな連中が、僕含め大勢レッドに押し寄せてることでしょう

                名作「Turning Dragon」は、僕が深夜に運転しなきゃいけないときにかけるBGMとして恒例になってるアルバムでして、今年もフジの道中に爆音で流しながら高速を走ってるはず

                ほんとは白トリくらいで見たかったけど、今年そうなってたら間違いなく被りで見れて無さそうなのでこの枠でも御の字

                後は当日自分との闘いで負けないことを祈るのみ・・・

                 

                 

                初日の予定は以上、2日目以降はまた別の機会に

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                10月開催のWWW Anniversariesが早くもヤバい

                2017.06.28 Wednesday

                0

                  JUGEMテーマ:音楽イベント

                  去年もWWW Xのオープニングイベントと称してAnderson.Paak呼んだりFloating Points呼んだり(どっちも行けてない…)心くすぐられるメンツで話題になりましたが、今年はWWWの7周年とXの1周年を記念するイベントだそうで、その第1弾がこちら↓



                  《WWW&WWW X Anniversaries》 第1弾、4公演を発表!

                   

                  10/7 NONAME

                   

                  10/9 MOUNT KIMBIE

                   

                  10/14 Shackleton (band set)

                   

                  10/15 cero x DC/PRG

                   

                  www-shibuya.jp/news/007951.php




                  NONAMEは去年出したフリーAL「Telefone」も話題になった女性ラッパーで、過去にはChance the RapperDonnie Trumpet & The Social Experimentの作品にも参加してます。
                  今年のタイコに出たLittle Simzに並んで単独熱望してた人なんで、これは期待大!



                  チケット取ろうと思ってたSoul Campの初日(Erykah Baduが出る日)と日程が丸被りという現実…
                  Soul Campにも出て1日2公演とかやってくれないもんでしょうか




                  そして個人的に今年1月にドロップした新譜「SFERIC GHOST TRANSMITS」が絶賛どハマりしているShackletonがバンドセットで来日!
                  フジかタイコでの来日を期待してましたがまさかの単独、しかも地方民に嬉しい土曜公演とは…

                  ツイッターで情報見た時は思わず

                   

                   

                  こんな表情を浮かべてしまいました

                  当日会場であの呪術的なビートを聴きながら気持ちの悪い笑みを浮かべる中年を見かけたら高確率で僕ですのでそっとしておいて下さい



                  10月はこの他にも、本日新譜が出たばかりのCorneliusの単独、先に書いたErykah BaduDe La Soulが出演するSoul CampSouliveが出演決定しているLive Magicも開催されますし、Soul Campと被ってますが朝霧JAMも開催されますね。
                  全部はとても行けませんが、今年の秋も楽しいイベントがたくさん待ってそうですね!





                  NONAME「Telefone」




                  Shackleton & Vengeance Tenfold「SFERIC GHOST TRANSMITS」

                  1